Home » 還元の注意点 » 換金サービス!クレジットカード現金化の審査
換金で現金を得るには!クレジットカード利用の注意点
換金で現金を得るには!クレジットカード利用の注意点

換金サービス!クレジットカード現金化の審査

還元の注意点 | 04月28日更新

換金サービスとして有名なクレジットカード現金化業者の審査について、詳しく説明をします。
通常クレジットカードを発行する時には、申請者に対して所得の審査が行われます。
所得の他に、他社からの借り入れや、遅延事故などを調べて条件を満たしていればクレジットカードが初めて発行されます。

クレジットカード現金化業者に現金化を申し込む場合は、審査はどうなのでしょうか?
はっきり言うとクレジットカード現金化業者で、厳密な審査が行われることはありません。
大事なのは身元がはっきりしているかどうかだけです。
提示した免許証や住基カードなどの身分証と、クレジットカードの名義が一致するかどうかは非常に重要な審査ポイントです。
仮に双方の名義が違う場合、ショッピング枠は現金化してもらえません。
なぜなら、身分証もしくはクレジットカードのどちらかが、盗難品である場合があるからです。
いざという時トラブルにならないよう、 現金化業者は身元の審査を徹底して行います。

その人の職業が何であるかは、現金化サービスを利用する上で重要ではありません。
たとえ無職やニートであったとしても、クレジットカードのショッピング枠さえあれば現金化することができます。
もちろんそのクレジットカードは、本人のものである必要があります。
身分証とクレジットカードの名義が一致すれば、大体審査は通るのでそこからは必要事項の入力です。
住所氏名年齢生年月日、職業などを記入し身分証画像を添付して送信します。
職業を記入する欄があるかと思われますが、無職と記入したとしても審査に落ちることはありません。
ここがクレジットカード自体を発行する時の審査とは違います。

仮に現金化を依頼する人が、学生カードを発行している未成年者であっても、現金化を申請することはできます。
キャッシングではありませんので、年齢を厳しく問われることはありません。
ただし18歳未満であれば親の承諾は必要になるため、該当する人は承諾書の画像を添付して業者に送るようにします。

インターネットなのでこれらの手続きが、パソコンやスマホを使ってどこにいても申し込むことができます。
このように、クレジットカード現金化サービスは非常に便利なものなので、優良店を見つけて利用するようにしましょう。

top