Home » 還元の注意点 » クレジットカード現金化は規約違反!?
換金で現金を得るには!クレジットカード利用の注意点
換金で現金を得るには!クレジットカード利用の注意点

クレジットカード現金化は規約違反!?

還元の注意点 | 04月28日更新

どこにいてもスマホ1台あれば、クレジットカード枠を現金化できるサービスはとても便利です。
しかしこれは、クレジットカードの利用規約違反に当たらないのでしょうか?
厳密に言うと、クレジットカード現金化の転売行為は、クレジットカードの利用規約違反にあたります。
転売目的でショッピング枠を繰り返し利用した場合は、カードの利用停止処分が適用されてしまう可能性があるため注意が必要です。

ですが、よっぽど頻繁に転売をやらない限りは大丈夫です。
そもそも現金化自体が、転売行為だと立証することができないからです。
ですから、普通にクレジットカードのショッピング枠を現金化する場合は、利用規約を気にする必要はありません。

転売以外にも注意点があります。
それは他人のクレジットカードを使う行為です。
これはクレジットカード会社の利用規約に違反するだけではなく、現金化業者も本人名義と違うクレジットカードを提示する利用者には、現金化を拒否します。
クレジットカードの現金化を申し込む時には、必ず自分名義のクレジットカードを利用するようにしましょう。
これらのルールを守っておけば、現金化を拒否されることはまずありません。

仮に、現金化を利用しようとしている人が債務超過に陥ってる場合にも、ショッピング枠さえあれば、現金化を利用することができます。
また、失業して無職の人でもクレジットカードの枠さえあれば、現金化サービスは利用できます。
注意点としては、返済不能に陥る状態になるまで現金化を使う行為には、気をつけなければなりません。
返済が出来なくてクレジットカードを滞納してしまうと、利用停止になってしまいます。
約2ヶ月以上返済が滞ってしまうと解約になってしまうもので、現金化の使い過ぎには注意しましょう。

クレジットカード現金化は、お金に困った時に速やかに現金化できるサービスなので、還元率の高い業者をひとつ見つけておきたいものです。
比較サイトなどを活用して、大体8割以上で現金化できる業者を見つけておくといいでしょう。

top